大人になってからの虫歯は気づきにくいことが多く、注意が必要です。

>

大人の虫歯とはどんなものなのでしょう?

大きくは2つの特徴、大人の虫歯

子供の虫歯は、噛み合わせの部分など歯の溝や、歯と歯の間にできやすい傾向があります。
ですが大人の場合は治療済みの歯や、歯と歯茎の間にできやすいのです。
治療済みの歯に再発する虫歯は、歯と詰め物の隙間や、被せてある金属と歯との間で静かに進行します。痛みもなく知らないうちに症状が悪化してしまうことが多いのです。
歯と歯茎の間にできる根面虫歯は、年齢とともに歯茎が下がるなどして露出した歯の根元にできる虫歯です。エナメル質に覆われていない象牙質の部分なので虫歯が進行しやすいのですが、年齢が上がっていくと象牙質は厚くなって痛みを感じにくいということが起こるようです。
どちらの場合も治療が遅れないように気をつけたいですね。

定期健診がカギ

こうした大人の虫歯の怖さ、知らないうちに進行していく怖さは、歯を失うこともそうですが、虫歯から他の病気に見舞われてしまう危険をはらんでいるという恐ろしさです。
虫歯菌などの細菌は口腔内のみならず、ひどい場合は心臓疾患を招いたり、体の色んなところに悪影響を及ぼすこともありうるのです。

虫歯の治療も年々変化してきており、必ずしも削る、抜くだけではないそうです。
まずはしっかりと診断してもらい、丁寧に診断内容を説明してくれる歯科医を選ぶことがよい治療につながります。よく相談して治療法を決めましょう。
虫歯は歯周病と並んで、歯を失ってしまう大きな原因となっています。痛みを感じないことが多いので、定期健診が大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る