使えなくなった家電には貴重な資源がつまっています

家電リサイクル法に適用されなくとも、不要な家電は正しく処分

不法投棄は絶対にやめてください

不法投棄が何故だめなのかを理解すれば、不法投棄をする気持ちは起こりませんね!
不法投棄とは本来ゴミを捨てる場所ではないところに、リサイクル料金がかかるゴミなどを置き去りにしてしまう事です。これによって出る弊害は、第一にまず自然環境を破壊してしまう事。プラスチックは土には帰りませんので、そのまま蓄積されると自然環境に影響を及ぼすことがあるかもしれません。
第二に、その不法投棄を取り締まるために、非常に高い税金がかかってしまうのです。不法投棄をされそうな場所へのパトロール、防犯カメラの設置など、本来であれば不必要な経費が税金によって捻出されます。それによって、税金が高くなってしまったら本末転倒になってしまいますね!
ちなみに不法投棄が見つかってしまうと、1000万円以下の罰金刑もしくは懲役5年以下の懲罰系が下されます。

家電は正しく処分しましょう

壊れて動かなくなってしまった家電を処分する時は、家電リサイクル法はもちろんですが対象外の家電も正しく処分をしましょう。
例えば、小型で長持ちをするリチウム電池ですが、まれに塩水や水に浸かってしまうと発火の恐れがあります。電池は非常に身近にありしかも小さい為ついつい不燃ごみで捨ててしまいがちなのですが、大体の市町村で処分方法が不燃ごみとは別に設定されていますので確認をするようにしましょう。
携帯電話などもリサイクルすれば使える資源が沢山残っているものなので、家電量販店などで無料回収している場合は是非リサイクルに出してみてはいかがでしょうか?
家電リサイクル法だけではなく普段のゴミ出しの際に正しくゴミを出すことが出来れば、ゴミ問題に多大な税金が使われることが無い未来が待っているかもしれませんね!


TOPへ戻る