使えなくなった家電には貴重な資源がつまっています

正しい知識を持ってリサイクルしよう!家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とはどんなものでしょうか

「冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン」の4品目が現在では家電リサイクル法の対象となっています。これらの4品目に関しては、家電リサイクル法が定めたリサイクル料金がそれぞれかかります。 リサイクル料金は多少かかりますが、それ以上の資源が各家電から排出され、新しい製品が作られています。

対象となる家電は4品目

家電リサイクル法は正しい名称を「特定家庭用機器再商品化法」といい、1998年に国会にて法律として制定され、2001年に本格的に施行された法律です。
法律が制定されるまで、現在では対象となっている4品目は大型ごみとして扱われて焼却、もしくは埋め立て処分をされていました。しかし、その処理は非常に各市町村の負担が大きく、更にごみとして処理されるには有用な資源も多かったため、希少な資源を再利用するために、家電リサイクル法が制定されました。
家電リサイクル法により、粗大ごみとして処理をされていた家電から、ガラス・アルミ・鉄などのリサイクル可能な素材を取り出すことが出来、それらがさらに生まれ変わって新たな商品に生まれ変わっています。
今までお世話になっていた家電をそのまま捨てるのではなく、資源として使ってくれるこの法律は非常に身近なものに感じますね!
となると、リサイクルされた家電の行方が気になるところです。
小売店に引き取られる場合は、小売店から引き取り業者に受け渡され解体され、使える部品が再利用されます。
市町村に引き取られる場合も同じように、引き取り業者に受け渡され解体されて、使える部品と使えない部品に分けて再利用されます。再利用先は様々で、海外に素材として売られる場合もありますし、国内で再利用もされています。
リサイクル料金は、現在ではほぼ、新しく買い替える家電の料金に含まれています。しかし、昔の家電をただ捨てる場合もリサイクル料金を払わなければなりません。その為、不法投棄などが増えた事も多くあり、社会問題になることもたびたびあります。
多少の金額はかかりますが、自宅まで引き取りに来てくれ更に新しい製品に生まれ変わります。不要になった家電は是非、正しくリサイクルをしましょう!

地域によってリサイクル方法は異なります

家電の処分方法や収集方法は各地域によって異なりますので、不明な場合は市役所などに問い合わせてみてください。多くの地域は、自宅まで処分品を引き取りに来てくれ、その場で代金を払う事が多いかと思われます。家の外まで家電を出す手間はかかりますが、新しい製品に生まれ変わりますので多少の手間は我慢しましょう!

家電リサイクル法に適用されなくとも、不要な家電は正しく処分

現在では家電リサイクル法適用外の電子レンジやパソコンなども、地域によって処分方法が変わってきます。お住いの地域のごみ処分を確かめてみてください。 メーカーによっては無料でリサイクルを行っている会社もありますので、出来るだけリサイクルされるような処分の仕方を心掛けてみましょう。

TOPへ